팝업레이어 알림

팝업레이어 알림이 없습니다.
 
 
 
最新話
HOT
NEW
HOT
NEW
624   0  
[ST]SUCONGLOBAL
人気の話
HOT
692   0  
[ST]SUCONGLOBAL
HOT
668   0  
[ST]SUCONGLOBAL

ケイトウの花

#공유, #유령, #심심, #밤, #귀신, #좋은글 2019-01-16 17:32:54

中学生のm氏は節書道教室に通った。
どの夏休みそのセクションで書道を学んでいるがこっそり開いている障子の外を見た。

目に入ったのは、海に向かって長く続いた丘と、その上に広がっている墓地であった。
その中で特に目立つ大きな記念碑が見えた。

mさんのご先祖様が代々眠っているところである。
ところが、ゼオライトのすぐ隣に長い赤い棒であり、その上に花が咲いていた。
ちょっと奇妙であるたくよく見ると、それは一輪のケイトウの花だった。

「ケイトウは一輪だけ咲く花だったの? 「
とm氏は考えたという。
その3日後mさんの父親が急死した。
元酒を多くドゥショトヌンにそれが原因だったという。

葬儀花出サドルするためガジョクミョに行った。
ケイトウの花がない。
それは誰が折れたのはなかった。
墓地には、砂利が細かく分かれていて対戦する場合は、その足跡が残っている。
「その時、本ケイトウの花は何か間違って、本のだろうか?」
でmさんは首をかしげた。

そして数日後、また節で書道を学んでいたときこっそり墓地を見た。
感動し、全身に鳥肌が出た。
その時と全く同じ位置に一輪の赤く長い民ドラ米花が咲いているのだった。
そこで今回は、母に
「ねぇ、私たちはすぐに誰もが死ぬかもしれない」
した。

そして、数日前に見たケイトウの花の話もしたが、まったく相手にもしてくれなかった。
3日後におじさん泥なる人が死亡した。
「ママも私の言葉合うんじゃない」
、m氏が言う母も気まずいして葬儀の前日に二人で墓地に行ってきたという。
今回はピアた。

白い砂利のすき間からすうっと育った70センチほどの一本の赤いケイトウ。
「見てママあるか "
し、自分も知らないうちにmさんは叫んだ。
母も気を悪くし、それをすぐに抜いてしまったという。
その後もう一度mさんは墓地に咲いている赤い花を見てきたという。
それはあまりにも怖く誰にも話をなかったも数日後に